インプラント治療の値段が歯科医院によって違う理由とは?

インプラント治療の値段が歯科医院によって違う理由とは?

インプラント治療をご検討中の方のなかには、歯科医院によってインプラント治療の値段が大きく異なることに、驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。どのような理由で値段の差が生まれているのか、気になりますよね。

そこで本記事では、歯科医院によってインプラント治療の値段に違いが出る理由を解説します。インプラント治療の値段の差に納得したうえで、歯科医院を選びたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

歯科医院によってインプラント治療の値段に違いが出る理由

インプラント治療の値段には、歯科医院によって20万円以上の差が出ることもあります。なぜなら、インプラント治療は、歯科医院ごとに治療費を設定できる「自由診療」にあたるためです。

それでは、具体的にはどのような理由で、歯科医院はインプラントの治療費を設定しているのでしょうか。ここからは、歯科医院によって、インプラント治療の値段に違いが出る4つの理由を解説します。

理由①インプラントの仕入れ先のメーカーが異なるため

インプラントの治療費は、歯科医院が仕入れているインプラントのメーカーによって変わります。

インプラントを製造しているメーカーは、世界に100社以上存在し、メーカーによってその値段はさまざまです。そのため、歯科医院がインプラントを仕入れているメーカーの価格帯が、そのまま治療費に影響します。

一般的に、ストローマンやオステムなどといった、知名度の高いメーカーのインプラントは高額です。ただし、高額である代わりに、インプラント体が骨と結合しやすいといった優れた点があるため人気があります。

しかし、可能な限り安価なインプラントを希望される方もいらっしゃるでしょう。そういった場合は、ワンピースタイプのインプラントを使用している歯科医院を選ぶことをおすすめします。

ワンピースタイプのインプラントとは、本来分かれているアバットメント(連結部分)とインプラント(人工歯の部分)が、一体型になっているインプラントのことです。ワンピースタイプのインプラントは、使用できる場面に限りがありますが、通常のインプラントと比べて製作費が安いため治療費を抑えることができます。

なお、マイナーなメーカーが製造している、極端に安価なインプラントは品質が粗悪である場合が多いため、避けることをおすすめします。

理由②歯科医院の立地が異なるため

インプラントの治療費は、歯科医院の立地によっても変わることがあります。

都心近くにある歯科医院ほど、より高額な家賃がかかるため治療費も上がります。インプラントの治療費の全国平均は、20万~40万円ほどですが、都心では30万~50万円ほどです。

治療費を抑えるために、自宅から離れている歯科医院でインプラント治療を受けようとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、インプラントには治療後の定期メンテナンスが欠かせないため、自宅から通いやすい立地の範囲で歯科医院を選ぶことをおすすめします。

理由③治療設備が異なるため

歯科医院の設備が充実しているかどうかによって、インプラントの治療費が変わることもあります。

具体的な歯科医院の設備としては、歯科用CTやオペレーションルームなどが挙げられます。

歯科用CTとは、患者様の歯やあごの状態を把握することで、より精度の高いインプラント治療を可能にする医療機器のことです。しかし、歯科用CTは1台につき数千万円と高額な医療機器であるため、導入している歯科医院は治療費が高くなります。

また、オペレーションルームとは、診察室とは別に、インプラント治療を含む外科手術のために用意されている部屋のことです。歯科医院によっては、オペレーションルームでも患者様が快適に過ごせるように、診察台の椅子や周辺のインテリアにこだわっているところもあります。

このように、治療の安全性や快適性に気を配っている歯科医院ほど治療費が高額になります

理由④保証が異なるため

インプラントの保証制度の期間や内容が、治療費に影響することもあります。

インプラントの保証制度とは、治療後にインプラントの脱落や破損といったトラブルが起こった際に、再治療にかかる費用が無料になる制度のことです。一般的に、この保証の対象となる期間は5~10年ほどとされています。

インプラントの保証制度が充実していると、治療費が高額になる傾向があります。一方で、保証がついていない場合は治療費が安くなりますが、万が一トラブルが起こった際は別途費用がかかるため、結果的にあまりお得ではありません。

なお、インプラントの保証期間や対応しているトラブルの内容は、歯科医院によって異なるため、事前に歯科医師に確認しておくとよいでしょう。

格安すぎるインプラント治療は要注意

格安すぎるインプラント治療は要注意

インプラントの治療費は、歯科医院によって値段の幅が非常に広く、なかには格安のインプラント治療をうたう歯科医院も存在しています。

しかし、あまりにも安価なインプラント治療は、安全性や信頼性に問題があることも多いため、おすすめしません。たとえば、歯科用CTの設備がなく、患者様のあごの骨の状態確認が不十分であったために、インプラントがあごの骨を貫通するなどのトラブルが起きた事例があります。

また、インプラント体(人工歯根)のみの金額を治療費に見せかけ、実際はインプラント(人工歯)やアバットメント(連結部分)が高額であるケースも存在します。

ちなみに、インプラント治療の相場は、1本につき20万~40万円ほどです。したがってインプラント治療を受ける際は、インプラント1本につき10万円以下などの、極端に安価な治療費を提示している歯科医院は避けましょう。

インプラント治療の値段が歯科医院によって違う理由は、使用するインプラントのメーカーや歯科医院の立地が異なるため

いかがでしたでしょうか。

歯科医院によってインプラント治療の値段に違いが出る理由は、インプラントの仕入れ先のメーカーや、歯科医院の立地、そして治療の設備などが異なっているためです。

また、格安をうたう歯科医院のインプラント治療は、安全性に欠けるため注意する必要があります。インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶ際は、治療の値段だけではなく、内容や設備も確認しましょう。

秋元歯科クリニックでは、インプラントの品質や、治療環境にこだわったインプラント治療を行っています。インプラント治療を受ける歯科医院をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

横浜の歯医者『秋元歯科クリニック』のインプラント費用はこちら

コラム一覧に戻る

インプラントについてのご相談はこちら

土日診療を行っています

045-621-6161

Web予約