インプラント治療中に仮歯を入れる理由は?重要性や期間・注意点を解説

インプラントとは?術後に腫れる原因や対処法を解説

インプラント治療では、インプラントを埋めた後に仮歯を装着します。しかし、なぜすぐに人工歯を入れられないのか、仮歯をつけているときにはどのように生活すべきかなど、インプラント治療に疑問を持つ人もいるかもしれません。この記事では、インプラント治療を検討する人に向け、仮歯の役割や重要性、仮歯を入れる期間や装着中の注意点などを紹介します。仮歯を使用する意味を理解し、安心してインプラント治療を受けましょう。

そもそもインプラント治療の仮歯とは?

仮歯は、インプラントを埋め込んだ後に装着する部材です。わざわざ人工歯の前に仮歯を装着する理由を、インプラントの埋入方法や仮歯の機能にふれつつ解説します。材質や機能面に関し、仮歯と人工歯の違いも確認しましょう。

インプラントの埋入方法と仮歯

インプラント治療は、インプラントを埋め込む外科手術から始まります。インプラントとは、人工歯の上部構造を支える歯根の代わりとなる部材です。

インプラント治療は、インプラントの埋め込み、抜歯、仮歯の装着・調整、インプラントが周辺組織に固着するまで数カ月ほど待機、仮歯の取り外し、人工歯の装着・調整の順に進行します。また、仮歯を装着している期間は、術後の経過を観測するために定期的に通院します。

仮歯を入れる主な理由は、人工歯の代替品として利用するためです。仮歯は、インプラントを入れてから数カ月もの期間、術後の生活や患部の治癒をサポートします。また、見た目の違和感をなくすためにも、仮歯は重要な役割を果たします。

仮歯の材質

最終的に装着する人工歯には、セラミックや金属が使われます。コストやアレルギーの有無、審美性や耐久性などを考慮し、人工歯の材質は慎重に検討されます。

一方、仮歯の主な材質はプラスチックです。仮歯は白色で、一見すると周囲の歯と比べて違和感はありません。

仮歯はプラスチック製であるため、人工歯と比べると耐久性は劣ります。長期間経過すると、黄ばんできたり、すり減ったり割れたりすることがあります。あくまでも仮歯は人工歯の代用品であると理解し、装着時には無理のないように取り扱いましょう。

インプラント治療中に仮歯を入れる理由

仮歯の材質

インプラント治療中に仮歯を入れると、見た目の美しさをキープでき、日常生活に支障をきたしません。インプラント中に仮歯を入れる理由を解説します。

見た目の美しさを保つため

インプラント治療中に仮歯を入れなければ、人工歯を入れるまで歯が抜けた状態で過ごす羽目になります。仮に前歯のインプラント治療ならば、歯がないことで見た目の美しさに大きく影響するでしょう。また、歯がなければ発音がうまくできずに、会話に支障が出かねません。

一方、仮歯を入れると、インプラント治療中だと周囲に悟られず、自然に日常生活を送れます。仮歯が息の漏れを防ぐため、発声にも困りません。インプラント治療中にストレスなく日々を過ごすためには、仮歯の装着が重要です。

かみ合わせを維持し歯並びの歪みを防ぐため

仮歯を入れなければ、歯の間に隙間が生じてしまいます。歯がない部分があると、自然と周囲の歯は隙間を埋めるように傾いたり、伸びたりします。しかし、周囲の歯の移動は、歯肉に埋まっているインプラントでは抑制できません。

歯は1カ月で1mm程度動きます。仮に、インプラントが固着する期間が6カ月だとすると、仮歯がなければ6mm程度も歯の位置がずれる計算になります。

周囲の歯が動くと、歯並びやかみ合わせが悪くなったり、せっかく作った人工歯が適合しなくなったりする可能性があります。インプラント治療の成果を高めるために、仮歯は大切です。

顎骨や歯茎の状態を安定させるため

仮歯は、最終的に入れる人工歯の作製にも役立ちます。

人によっては顎骨や歯茎が圧迫され、変形している場合があります。例えば、入れ歯を長期間装着してきた人は、入れ歯による圧迫で顎骨が自然に吸収されがちです。歯が抜けたまま放置していた人も顎骨や歯茎が変形している可能性があります。土台の状態が悪いままインプラント治療を続行しても、見栄えが悪くなるかもしれません。

顎骨や歯茎の形状に異常がある場合は、仮歯の形状を少しずつ調整し、口内を正常な状態に調整する治療方法もあります。

口内細菌や外部の刺激から守る

口内には1,000億から6,000億もの常在菌が生息しています。常在菌の中には、虫歯やインプラント歯周炎・歯周病の原因となる細菌も含まれるため、仮歯でインプラントや患部を守ることが大切です。

仮歯を入れなければ、インプラントの金属が口内を傷つけ、細菌による炎症のリスクが高まります。炎症がひどくなるとインプラントが周囲の組織に固着しにくくなり、抜け落ちてしまう恐れもあるため注意が必要です。

また、仮歯は外部からの刺激を守る役割もあります。仮歯を入れない状態のまま過ごすと、温熱刺激や歯ブラシの刺激などによって痛みが発生することがあります。仮歯をつけることで、歯茎の炎症や外部からの刺激を守ることができるのです。

インプラントの仮歯を入れるタイミング

インプラント治療中は、3~6カ月もの間、仮歯を装着して過ごさねばなりません。インプラント治療で仮歯を入れるタイミングについて解説します。

なお、通常はインプラント後に抜歯をしてから仮歯を入れますが、外科手術の当日に仮歯を入れる即日仮歯という方法もあります。

前歯は早い段階で入れられる

基本的に、インプラントを埋入してから3~6カ月は人工歯を装着できません。

インプラントを埋入した後は、患部の縫合や抜糸をして仮歯を装着します。傷口が治癒してから仮歯を入れますが、前歯は審美的な問題から比較的早い段階で入れます。奥歯の場合は、口内の状態によって仮歯を入れないこともあります。また、あらかじめ型取りして整形しておくため、仮歯自体は短時間での装着が可能です。

なお、仮歯を入れておく詳細な期間は、仮歯を入れる場所や、患部の状況、インプラントが歯肉や顎骨に固着する期間などで個人差があります。仮歯のより正確な装着期間が知りたい場合は、かかりつけの歯科医に確認しましょう。

手術当日に仮歯を入れる方法もある

インプラントを埋める手術当日に仮歯を入れる方法は、即時負荷インプラント、即日仮歯などと呼ばれます。手術当日に仮歯を入れられると、治療の回数が減ることで体への負担を減らせ、数日程度ですが歯のない期間を短縮可能です。

ただし、手術後すぐに仮歯を入れるためには、顎骨の状態がよい、骨再生や造骨が不要である、かみ合わせに問題がないなどの条件を満たす必要があります。虫歯や歯周病など、インプラントの治療を妨げる要因がある場合も即日仮歯はできません。

歯科によっても、手術当日に仮歯を入れる条件は異なります。手術直後に仮歯を入れたい場合は、担当医に確認しましょう。

インプラントの仮歯を入れているときの注意点

インプラントの仮歯を入れているときの注意点

仮歯を装着している期間は、食べ物に気をつけましょう。万が一、仮歯が外れたり欠けたりした場合は、速やかに歯科医で診てもらう必要があります。仮歯装着中の注意点を紹介します。

仮歯につきやすい硬い食べ物は避ける

仮歯は耐久性が弱い上に、インプラントの状態を見るため意図的に外れやすいように装着しています。そのため、仮歯に過度な刺激が加わると、割れたり、外れたりする恐れがあります。食事の内容に気をつけ、仮歯を慎重に取り扱いましょう。

硬い食べ物としては、煎餅・乾板・硬めのパン・スルメイカなどが挙げられます。また、仮歯が外れかねないため、粘着力の強い食べ物も避けた方が無難です。ガム・グミ・ヌガー・キャラメルなどを食べないようにしましょう。

仮歯が外れたり欠けたりしたら放置しない

仮歯が外れたり欠けたりした場合は、直ちにかかりつけの歯科医で修復や再装着を受けましょう。仮歯がないまま放置しておくと、周囲の歯が動くことによって、かみ合わせが変わってしまいます。

かみ合わせが変われば、装着していた仮歯を元に戻せなくなるだけではなく、作製した人工歯を使えなくなる可能性もあります。また、仮歯でインプラントや患部を保護できなければ、むき出しになった歯肉に傷がついたり、歯肉や顎骨に細菌が入り混んだりするため気をつけましょう。

仮歯のまま治療をやめない

仮歯のままでインプラント治療をやめてはいけません。仮歯はあくまでも人工歯を備えるまでの代用品であるためです。

プラスチック製の仮歯は経年劣化で黄ばむ上に、ニオイの元を吸収しやすいため口臭も心配です。

また、プラスチックでできた仮歯は耐久性が弱いため、長期間の使用には適しません。放っておくと、仮歯がボロボロになります。仮歯の形状が崩れると、かみ合わせが変わってしまいます。最悪の場合、インプラントが抜け出た際には治療計画が崩れかねません。

インプラント治療をやり直すと、治療期間が延び治療費もかさみます。くれぐれも、担当医の指示を守ってインプラント治療を進行しましょう。

仮歯でも歯磨きを怠らない

仮歯自体は虫歯になりません。ただし、仮歯を入れている組織周辺に汚れや細菌が貯まるため、通常の歯と同様に歯磨きをする必要があります。

細菌がインプラントの周囲に集中するとインプラント周囲粘膜炎や、インプラント周囲炎などの炎症を引き起こします。いずれの炎症も歯周病と酷似しており、歯肉から血や膿が出る、痛みや腫れに悩まされる、インプラントが抜け出るなどのトラブルが発生します。

インプラント周囲粘膜炎や、インプラント周囲炎は症状が進行するまで気がつきません。念入りに歯磨きをして細菌関連の問題を阻止することが大切です。

なお、歯ブラシを強く当てすぎると仮歯が外れてしまいます。力加減に注意して歯磨きをしましょう。

まとめ

インプラント治療では仮歯を装着します。仮歯は見た目の美しさを保ち、かみ合わせや歯並びを維持します。細菌によるトラブルを防止し、顎骨や歯茎の状態を整えるためにも仮歯は欠かせません。

なお、仮歯は人工歯と比べると壊れやすく外れやすいものです。万が一外れた場合には、すぐにかかりつけの歯科医で修復や再装着を受けましょう。

秋元歯科クリニックでは、およそ1時間半でインプラントの埋め込みが完了します。また、即日仮歯の相談も受けつけております。即日仮歯が可能かは、口内や患部の状態により変わるため、あらかじめ当院の担当医にご相談ください。

コラム一覧に戻る

インプラントについてのご相談はこちら

土日診療を行っています

045-621-6161

Web予約