奥歯のインプラント治療の特徴とメリット・デメリットを解説

インビザラインとは?

虫歯や歯周病などで奥歯を失ってしまった場合、従来は入れ歯やブリッジで治療していましたが、現在はインプラント治療という選択肢があります。インプラント治療はしっかり噛めない、違和感があるなどといった入れ歯やブリッジ特有のデメリットがほとんどありません。この記事では奥歯のインプラント治療とはどのようなものか、入れ歯やブリッジとの違い、メリットやデメリットなどについて説明します。

奥歯のインプラント治療の特徴

まず奥歯のインプラント治療の特徴について説明します。そもそも奥歯とはどの歯のことを指すのか、治療を受ける際の注意点はなにか、治療後に気を付けることについて説明します。

どこの歯からが奥歯?

奥歯とはどの歯のことを指すのでしょうか。奥歯とは臼歯のことで、人間には小臼歯が上下左右にそれぞれ2本ずつ、大臼歯が3本ずつあります。一番奥の第三大臼歯はいわゆる親知らずで、きちんと生えていない人やそもそも存在しない人も多くいます。

奥歯は噛む力が一番強く、噛み合わせの高さも奥歯によって決められています。一方で奥歯は前歯と比べて寿命が短めです。前歯よりも力がかかることや、歯ブラシが届きにくいことなどが原因と考えられています。

治療を受ける際の注意点

インプラントで奥歯の治療を受ける際の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。まずきちんとしたカウンセリングを受けることです。納得のいくまで説明をしてくれる歯科医師を見つけましょう。御自身に糖尿病や心疾患、骨粗しょう症、貧血などの全身疾患がある場合も、よく相談しておいてください。これらの病気があるとインプラント治療ができないケースもあるからです。喫煙もインプラント治療の妨げになりますから注意が必要です。

検査や衛生管理の体制も重要です。インプラント治療を受ける際にはCTによる検査が重要です。顎の骨には神経や血管が数多くあるため、インプラントの手術前には神経や血管の位置をよく確認しておかなくてはなりません。また衛生管理がきちんとしていないと、インプラントの手術で細菌感染してしまう可能性もあります。これらの体制がしっかりとしている歯科医院を選ぶことが大切です。

治療後に気を付けること

インプラント治療が終わった後もいくつか気を付けなくてはならないことがあります。その中でも一番怖いのがインプラント周囲炎です。これは歯周病のような病気で初期はインプラント周囲の粘膜が腫れたり出血したりします。進行するとインプラントと粘膜の隙間が深くなるほか、粘膜から膿が出るようになり、最終的にはインプラントが脱落してしまいます。インプラント周囲炎は普通の歯周病と比べて進行が早いのが怖いところです。

インプラント周囲炎の原因は歯周病のように歯垢や歯石が主な原因ですが、歯ぎしりなど強い力も原因となります。インプラント周囲炎を防ぐためには毎日の歯磨きをしっかり行うほか、定期的な検診を受けるようにしましょう。歯をしっかりクリーニングしてもらい、インプラントに異常がないかをチェックしてもらうことが大切です。

インプラント以外の治療方法

インプラント以外で失った奥歯の治療をするには入れ歯治療、ブリッジ治療があります。それぞれがどのような治療法なのか説明します。

入れ歯治療

入れ歯治療は失った奥歯の部分に人工の歯を補います。入れ歯の場合、インプラントのような土台がありませんから、残った歯にバネをかけて人工歯を支えます。材質によっては保険診療が可能です。入れ歯はどの位置の歯でも対応可能なのがメリット。また取り外して磨けるためメンテナンスも簡単です。

しかしバネの締め付けに違和感を覚えることもあります。また入れ歯では本来の歯の15~30%しか噛めませんし、入れ歯が合わないとずれたり外れたりして痛みがあることも。入れ歯では顎の骨に刺激を与えられないため、長期的には顎の骨がやせてきます。このため口の周りがクシャッとした印象になってしまいます。

ブリッジ治療

ブリッジ治療は失った歯の両端の歯を土台にして、人工の歯を橋のようにかける治療法です。一番奥の歯が失われた場合、土台が作れないためブリッジ治療はできません。入れ歯と比べると硬いものを噛んでも安定しますし、自然な噛み心地が得られます。材質によっては保険が適用されるのもメリットです。

デメリットは土台の歯に大きな負担をかけてしまうことです。土台になる歯を大きく削らなくてはならないため細菌に侵されやすくなりますし、土台の歯に力が集中するため痛みやすいのです。またブリッジは構造上すき間が多く、そこが虫歯や歯周病になりやすいデメリットもあります。

前歯のインプラント治療との違い

前歯のインプラント治療との違い

奥歯のインプラントと前歯のインプラントの治療に違いはどのようなところにあるのでしょうか。一般的に前歯のインプラントは奥歯と比べて治療の難易度が上がります。なぜなら前歯部分の顎の骨は、骨が少なくインプラントがしっかりと定着しないことがあるからです。骨が足りない場合は骨再生治療で骨を増やさなければなりません。このように前歯のインプラントは奥歯と比べて手間がかかってしまうことが多いのです。

インプラント治療できないケースもある

入れ歯治療やブリッジ治療と比べるとインプラント治療には多くのメリットがあるのですが、インプラント治療ができないケースもあります。

まず骨粗しょう症などで顎の骨がもろいと、インプラントがしっかり固定できない場合があります。また骨が発達中の子供も対象外です。妊婦も治療で服用する薬が悪影響を及ぼす可能性があるため、インプラント治療できません。

また糖尿病や心疾患、貧血などの全身疾患がある場合もインプラント治療ができないケースがあります。この他に喫煙もインプラントと骨の結合を妨げるほか、インプラント周囲炎の原因にもなることから、事前によく相談しておいた方がよいでしょう。

奥歯をインプラント治療するメリット

インプラント治療には入れ歯治療やブリッジ治療にはない多くのメリットがあります。具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。インプラント治療のメリットについて説明します。

自然歯のようにしっかりと噛める

天然歯を失ってしまうと、入れ歯の場合は15~30%しか噛めなくなります。噛み心地が自然だといわれるブリッジでも60%程度です。しかしインプラントは元の歯とほぼ同じ感触で噛むことができます。

入れ歯と比べて痛みや違和感が少ない

入れ歯は歯の土台がないため、強く噛むと入れ歯が歯茎に当たり痛みが出てしまいます。入れ歯が合っていない場合だと特に違和感が強く出てきます。しかしインプラントは顎の骨と結合した、しっかりとした土台の上に人工歯が乗っていますから、強く噛んでも入れ歯のようにずれたり違和感を覚えたりすることはありません。

嚙み合わせのバランスが良くなる

噛み合わせの高さは奥歯によって決まるなど、奥歯は噛み合わせでも大切な役割を果たしています。そのため奥歯が失われてしまうと、噛む力に偏りが生まれてバランスが崩れてしまい、肩こりや頭痛、顔の輪郭の歪みなどの原因になってしまうことがあるのです。

入れ歯やブリッジで治療した場合、本来の噛む力の15~60%に落ちてしまうことから、偏りが解消できないことがあります。しかしインプラントであれば天然歯と同じような噛み合わせになりますから、噛み合わせのバランスも整えられるのです。

発音しやすくなる

奥歯がなくなるとそこから息が漏れてしまいます。そのため「ら」行や「い」「き」など「い」の段の発音が悪くなってしまうことも。入れ歯やブリッジを入れれば、一応は解決されますが、入れ歯の場合は話をしている最中にずれてしまうこともあります。インプラントであれば、ずれることはありませんから安心して話ができるのです。

顎の骨吸収を抑えられる

歯がなくなってしまうと、歯を支える顎の骨はだんだんやせていってしまいます。歯があるときは歯根を通じて顎に刺激が与えられ、その刺激があるために骨が吸収されないのですが、刺激がなくなると骨はどんどん吸収されてしまうからです。入れ歯やブリッジも歯根がないため顎の骨に刺激が伝わりません。しかしインプラントであれば、人工歯根が顎の骨と結合していますから、刺激を伝えられるのです。

奥歯をインプラント治療するデメリット

インプラント治療のメリットを見ると、いいことばかりのように見えますが、デメリットもいくつかあります。インプラント治療のデメリットについて説明します。

自由診療となり一定の費用が必要

インプラント治療は基本的に保険が効かない自由診療です。そのためどうしてもまとまった金額が必要になります。一方で入れ歯やブリッジは保険が適用される材質を選べば、費用を抑えることができます。

治療が長期化する場合がある

インプラント治療はインプラントを骨に埋め込んだ後、結合するまでの期間などが必要なため、最短でも3か月は必要です。骨を増やさなければならない場合は、半年から1年かかることもあります。入れ歯やブリッジの治療期間と比べると、長くなってしまうのは事実です。

土台となる骨が足りない場合は骨造成が必要

インプラント治療では、骨にインプラントを結合させるため、土台となる骨の密度や量が十分である必要があります。骨が足りない場合には骨造成しなければなりません。しかし骨造成や骨移植に対応している歯科医院はそれほど多くないのが現状です。

まとめ秋元歯科ではこだわりのインプラント治療を提供

秋元歯科では高いシェアを誇るストローマン社製Roxilid SLAインプラントを使用しています。また費用を抑えたオステムインプラントも選択可能で、さまざまなニーズに応えられるようになっています。また最新のCTを導入しており安全なインプラント治療が可能。骨造成(GBR)や従来のインプラントよりも短いショートインプラントも導入しており、骨量などの関係で今までインプラント治療ができなかった方も治療が可能になる可能性があります。奥歯のことで悩んでいる方は一度当院へ相談してみてください。

コラム一覧に戻る

インプラントについてのご相談はこちら

土日診療を行っています

045-621-6161

Web予約