インビザラインの治療期間はどれくらい?短縮するためのポイントを紹介

インビザラインの治療期間はどれくらい?短縮するためのポイントを紹介

歯の矯正治療にはいくつかの種類があります。矯正していることが目立ちにくく、痛みが少ない方法を希望する場合は、インビザライン(矯正マウスピース)での治療がおすすめです。ただ、歯を矯正したい方の中には、どれくらいの間治療するのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、インビザラインでの治療期間や、治療期間を短縮するポイントを解説します。これから歯の矯正を控えている方は、参考にしてください。

インビザラインの治療期間はどのくらい?

インビザラインは透明なマウスピース型の歯の矯正装置です。インビザラインにはさまざまなメリットがありますが、それでも歯の矯正に掛かる時間は長くなります。

インビザライン矯正に掛かる期間は、2~3年が一般的で、短い場合でも1年半程度は掛かります。矯正範囲で比較すると、部分矯正の場合で半年程度から長くて1年程度、全体矯正の場合で2~3年程度が矯正期間の目安です。

またインビザライン矯正の開始から完了までの間には「矯正期間」と「保定期間」があります。

矯正期間はマウスピースを装着して歯を動かす期間で1~2年程度、保定期間は矯正した歯並びを固定させる期間で1年程度必要になるというのが一般的です。

インビザライン矯正は動かしたい歯の本数や移動させる距離、部分矯正か全体矯正かによって矯正期間が変動しますので、あくまでも目安の期間として捉え、実際にどれくらいの矯正期間となるかは担当の歯科医師に確認した方がいいでしょう。

【関連記事】

マウスピース矯正とは?治療の流れや金額の目安

インビザラインの治療期間が長くなるケース

インビザラインの治療期間が長くなるケース

インビザライン治療は治療期間が長くなるケースがあり、歯の本数や矯正具合以外の原因が影響してきます。

以下の項目に当てはまる場合は、治療期間が長くなると考えておいた方がいいでしょう。

  • 抜歯する場合
  • 叢生が重度の場合
  • 歯槽骨が硬い場合
  • 他の矯正を併用する場合

抜歯する場合

矯正に抜歯が必要な場合は、矯正期間が長引く可能性があります。

例えば歯の大きさの割に顎が小さい場合、歯が並ぶスペースが足りず、歯並びが悪くなってしまうことがあります。

このような場合、抜歯してスペースを作ることで、歯並びをきれいに整えることが可能です。

一方で、抜歯して歯を矯正する場合、歯を動かす距離が長くなってしまうため、矯正期間が長くなってしまいます。

また、矯正距離が長くなる場合、インビザラインでの矯正が難しく、ワイヤー矯正との併用が必要になる場合もあるでしょう。

叢生が重度の場合

叢生の具合が重度である場合も、矯正期間が長くなりやすいといえます。

叢生とは、歯と顎の大きさのバランスが悪く、歯が部分的に重なっている状態を指します。

叢生している部分は、歯が本来あるべき地点からのずれが大きいため、元の位置まで戻すのに時間が掛かってしまうのです。

また、叢生を矯正する場合に、顎が小さい場合や歯が大きい場合は、先述したように抜歯が必要になることもあります。その場合も、やはり矯正時間が長くなってしまいます。

叢生の具合によっては、想定よりも矯正期間が長くなる可能性があることを把握しておきましょう。

歯槽骨が硬い場合

インビザラインでの矯正期間が長くなる原因の1つが、歯槽骨の硬さです。

歯槽骨とは、歯を支えている骨のことです。歯槽骨の硬さや骨密度には個人差があり、骨が硬い場合には歯の動きが悪くなる傾向にあります。

そのため、同じマウスピースを装着しても矯正が完了するまでのスピードが遅くなるのです。

結果的にマウスピースを装着する時間が長くなるため、矯正期間も長くなります。

他の矯正を併用する場合

インビザラインと他の矯正方法を併用する場合も、治療期間が長くなりやすいでしょう。

抜歯が必要になる項目でも説明したとおり、歯の矯正距離が長すぎるとインビザラインのみでの矯正が難しくなる場合があります。

この場合、インビザラインでの矯正に加えて、ワイヤー矯正や顎間ゴムでの矯正を併用することになります。

ただし、矯正方法の併用は、治療期間が長期化する原因となるため、想定よりも長期間での矯正器具の設置が必要です。

インビザラインの治療期間が長引いてしまう理由

インビザラインを使って歯の治療が長くなるケースを紹介しましたが、それ以外の原因で治療期間が長引いてしまうこともあります。

具体的には次のようなケースでインビザラインでの治療は長引くと考えましょう。

  • 装着時間が短い
  • 口内トラブルが起こる
  • 治療計画の修正
  • マウスピースの紛失

装着時間が短い

マウスピースの装着時間が短い場合は、想定の治療期間が長引きます。

インビザライン矯正では、複数のマウスピースを段階的に使用します。マウスピース1個につき、歯を0.25mm程度動かして歯並びを矯正するが基本です。

ただし、歯を0.25mm動かすためには、マウスピースを1日20時間以上装着した状態を、10日~2週間継続しなければなりません。

このうち、1日でも着け忘れがあった場合は、歯は想定どおりに動かないため、治療期間が長引くことになります。

口内トラブルが起きる

インビザラインの装着時に口内トラブルが起きた場合も、治療期間が長引く可能性があります。

インビザラインの治療中に虫歯になった場合や、歯周病が発生した場合は、歯の形が変わってしまい、マウスピースが合わなくなることがあるためです。

この場合、マウスピースの再生策が必要になるため、治療期間が長引きやすくなります。

治療計画の修正

治療計画を修正しなければならなくなった場合も、治療期間が長引きやすいでしょう。

治療計画の修正をリファインメントといいます。当初にシミュレーションの実際の歯の動き方にかい離があり、計画どおりに歯の矯正が進まない場合にリファインメントが検討されます。

リファインメントでは、数mmの誤差を修正するために再度治療計画を立て直す他、追加でマウスピースを制作するケースがほとんどです。

実際には、患者の8割にリファインメントが必要になるといわれているため、インビザラインでの歯の矯正は治療期間が長引きやすいといえるでしょう。

マウスピースの紛失

患者がマウスピースをなくしてしまった場合も、治療期間は長引きます。

紛失した場合は、一段階前または後のマウスピースを使用するか、紛失したマウスピースと同じものを再製作するケースもあります。

取り外しができるのがマウスピースのメリットですが、特に外での食事の際にマウスピースを外したまま、うっかり紛失してしまうことが多いようです。

紛失してしまうとマウスピースの装着時間が短くなり、治療期間の長期化につながってしまうため十分に注意しましょう。

インビザラインの治療期間を短縮するためのポイント

インビザラインの治療期間を短縮するためのポイント

インビザラインでの治療期間を短縮したい場合は、以下に挙げるポイントを意識しましょう。

  • 装着時間を守る
  • 交換期間を守る
  • マウスピースを清潔に保つ
  • 口内ケアをしっかりする
  • 定期的に歯科医院を受信する

装着時間を守る

インビザラインの治療期間を短縮するには、装着時間を守ることが大切です。

マウスピースは1日20時間以上装着する必要があります。装着時間が短くなるほど歯は動かないため、目標とする矯正計画からは遠ざかってしまいます。

インビザラインは取り外しがしやすいため、ついつい外してしまうことが多いですが、食事と歯磨きの時間以外は常に装着するつもりでいてください。

【関連記事】

インビザラインの噛み合わせについて

交換期間を守る

インビザラインでの治療期間を短縮するには、マウスピースの交換期間を守ることも重要です。

1つのマウスピースは装着から1~2週間程度で、自分で交換する必要があります。

装着期間は長い方がいいですが、同じものを長期間装着するのはただし使用方法ではありません。

担当の歯科医と相談しながら、適切なタイミングでマウスピースを交換しましょう。

マウスピースを清潔に保つ

インビザラインでの治療期間を短縮するには、マウスピースを清潔に保つこともポイントです。

水を飲むときはそのままでも大丈夫ですが、色が付きやすい飲み物や食事を取る際は、マウスピースを外しましょう。

また、歯磨きの際にはマウスピースを洗浄して清潔に保つようにしてください。

口内ケアをしっかりする

口内ケアをしっかり行うことで、インビザラインでの治療期間を短くできます。

歯が汚れたままマウスピースを装着すると虫歯や歯周病のリスクが高くなり、マウスピースの再製作によって治療期間が長引くケースがあります。

できるだけ治療期間を長引かせないためには、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを用いて、歯や口内を清潔に保つことが重要です。

定期的に歯科医院を受診する

インビザラインでの治療期間を短縮するために、定期的に歯科医院を受診しましょう。

歯が目的の位置まで移動しているか、計画どおりに治療できているかを確認してもらうためです。

仮に計画より矯正が遅れている場合でも、早期に発見できれば、追加の治療期間を短縮できるでしょう。

歯に痛みや違和感がない場合でも、歯科医院の受診を忘れないようにしましょう。

まとめ

今回はインビザラインでの治療期間や、治療期間を短縮するためのポイントを紹介しました。

インビザラインでの歯の矯正では、患者自身がいくつかのポイントを守る必要があります。特に装着時間が短くなると、治療期間は長引くため注意が必要です。

秋元歯科クリニックでは、インビザライン(マウスピース矯正)に対応しています。矯正していることが目立ちにくく、痛みも少ない治療法です。また、通院回数も少なくて済むため、仕事や家事に忙しい方でも利用しやすいといえます。

歯の矯正にお悩みの方は、インビザライン矯正について気軽にご相談ください。

横浜の歯医者『秋元歯科クリニック』のインプラント費用はこちら

コラム一覧に戻る

インプラントについてのご相談はこちら

土日診療を行っています

045-621-6161

Web予約